First Impression Secret

Today's topic 魅力的な男になるための3つの要素

【First Impression Method】
-第一印象で絶対に負けない自分を創る技術-

>>>電子書籍のダウンロードはこちらから<<<

どうも、マツイダイキです。今日は、

>>人間関係に殺されかけていたあの頃・・・
>>あるメルマガとの出逢い
>>魅力的な男の3つの要素

こんなトピックでお送りします。ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

はっきり言って僕はデキの悪い人間でした。

 

 

いきなりこんなことを言うと

「えっ?」

と思われるかもしれませんが、

 

  • 上司からは“いじめのようなパワハラ”を受け
  • 自分の地位にしか興味のない先輩からは、いいようにアゴで使われていました。
  • 長時間労働を強いられていて、過酷な労働環境
  • 精神をかなり病んでしまい、人間不信になっていました。

 

このように職場での人間関係は底辺で、
理想とは程遠い社会人生活を過ごしてきました。

 

 

会社自体もブラック企業体質で、
朝早くから夜遅くまで
馬車馬のように働かされ、

繁忙期には40時間ぶっとうしで
仕事をしたこともあるし、

忙しすぎて1ヶ月くらい
休みがもらえない、

なんてことも当然のようにありました。

 

それでいて、毎月の給料は
平均的なサラリーマンの半分以下でした。

 

 

身体はヘトヘトでした…

 

 

月に数回しかない
貴重な休みのほとんどは
一日中、布団の上で過ごしていました。

 

実家に帰った時、
僕のやつれた姿を見て両親からは

「元気ないけど大丈夫?」

と心配されることも・・・

 

仕事は多忙で、
鬱の一歩手前だったのですが、
それ以上に根本的な原因というのは

 

 

周りの人たちの“人間性”の低さでした。

 

 

たとえば、50代の田中さん(仮名)は、

部下でもなんでもない新人の僕に
かなり強く当たってきたり、

自分のミスをかき消そう
とするのに一生懸命で、

あまつさえ、新人の僕に
罪をなすり付けるような形で
上司に報告したり・・・

 

こんなことは日常茶飯事でした。

 

また、呑みの席では、
部長がお酒に酔って
“いいこと”を語りだすと

田中さんは、

「自分はそれをわかっている」

と共感したように深々と頷いている。

 

…そんな姿を横目で見ながら、

 

「お前、普段そういう“いい話”に
共感できるような
“人間性”
持ち合わせてないでしょ」

 

とか思っていました。

 

他にも、

先輩の谷さん(仮名)に関しても、
最初は良くしてくれたんだけど、

自分自身の正義感で

「これは、客対応として、
恐らく間違ってると思うので、
僕なりに対応してみたのですが・・・」

と自分の意見を言うと

「面倒くせー事言ってんじゃねーよ」

といった態度で、

 

だんだんと自分に対するあたりが強くなり、

しまいには、学生でもなんでもないくせに
社内で無視される・・・

なんてこともありました。

 

・・・

 

こういう経験を通して、
いろいろな葛藤がありました。

 

「これがサラリーマンの本来の姿なのか…」

 

受け入れようとした時期もあったのですが、
これを受け入れてしまったら

「負け」

というか

「終わりなんじゃないか・・・」

と、

 

何度も何度も葛藤しました。

 

 

自分みたいなタイプ…

なまじ“正義感が強いタイプ”の人間というのは、
どうやら一般社会…

企業の中では嫌われてしまうようです。

 

それに加えて僕自身、

上司からも同僚からも
温度差を感じてしまい、

ぜんぜん馴染めず、
だんだん孤立していきました。

 

その原因の一つとして僕も悪かったのですが、
それは、何かというと、

 

 

相手にとって心地の良い
第一印象”ではなかったのです。

 

 

自分でも認めた上で、
それはわかるのですが、

会社員の人間関係に
どうしても馴染むことができませんでした。

 

また、この話は
あなたに理解してもらえるかわかりませんが、

僕自身ブラック企業に
就職してしまったり、

他にも、

女性に話しかけた時、
無視された過去があったり・・・

と、

だいたい誰もがヘコむような経験を
一通りしてきているのです。

 

でも、ブラック企業というのは、
ブラック企業体質の会社が悪いし、

勤める人間たちの
レベルの低さというのも、
僕は尊敬できない。

 

だけど、僕自身

「じゃぁ、何か問題があったのかな」

と考えた時に、今だったらわかります。

 

 

僕は“第一印象”でどうも舐められてしまう

 

 

学生でいうところの

“なんとなくイジめたくなる存在”

 

「こいつだったらイジってもいいかな」
「こいつだったら軽んじてもいいかな」

 

と思わせてしまうような
第一印象だったんだ。

 

と、今ならはっきりとわかります。

 

だけど僕自身、
いじられて「おいしい」
と感じるキャラじゃないし、

軽く見られるのは我慢ならないし、

人並みか、それ以上に“尊敬されたい”
という気持ちは持っているし、

もっと力強く生きたいし、

力強い発言もしたい。

リーダーシップもとっていきたい・・・

 

そんな僕の想いとは裏腹に
周りは僕をそう評価してくれません。

 

周りからは、
「こいつは雑魚キャラだな。」
「こいつは小物だな。」
「イジっていいんだな。」

“芸人さんのボケ担当”みたいに
「雑に突っ込んでいればこいつは喜ぶとだろう。」

そんな扱いでした。

 

でも、僕は全くそんなキャラじゃなかったので、
ものすごく摩擦が起きました。

 

そして、

当時、職場での人間関係に
殺されていて、会社に行くのも苦痛でした。
身も心もボロボロでした。

 

「もう、ダメなんじゃないか…」

と思う反面、

 

それでも

「この状況を何としてでも変えたい」

という気持ちも強く持っていました。

 

…そんな時、

 

 

“あるメルマガ”に出逢いました

 

 

それは、

今でも僕が師匠と慕う“ある男”のメルマガでした。

 

師匠からは

 

 

「女性を通して“本物”の自信をつけ、
男としての魅力を高めることで
人間関係が上手くいく」

 

 

と人間関係の本質を学びました。
そして、人間関係を改善するには、

 

「まず、はじめに“第一印象”を
強化することが重要で一番のキモになる。」

 

と教わりました。

 

で、当時のことを思い出すと

“第一印象の重要性”

という意識が自分の中で
決定的に足りなかったのです。

 

この辺りは読んでいただいた電子書籍

【First Impression Method】

で、詳しく書いたので、

第一印象の重要性は十分に
理解してもらっていると思います。

 

書籍でも話しているように、

 

“清潔感”を100%整えた上でさらに

 

 

“第一印象”を磨き上げていく必要があるのです。

 

 

“清潔感”は第一印象の土台となる部分です。
ここがダメだと何をやっても結果が出ません。

 

だから、

“清潔感”だけは絶対にマスターしてくださいね。

 

 

この“清潔感”を踏まえた上で、

この講座の目的は

「あなたの“第一印象”を強化すること」

です。

 

第一印象を強化することで、

魅力的な男になって、
人間関係を改善し、

これまで以上に充実した人生を
歩むことであり、

あなたの望むものすべてを
手に入れてもらうことです。

 

 

そして、そのために必要な第一印象とは何かと言うと、

第一印象を強化するための
重要な要素が3つあって

それは、

 

髪型
服装
ボディランゲージ

 

です。

 

この三つのスキルを
高め磨いていくことで、

少なからず人間関係で
相手から舐められることは
絶対に無くなります。

 

むしろ、

 

この3つを高いクオリティで
習得した時、

魅力溢れるあなたのことを
相手は無視することができなくなります。

 

 

この話を聞いて

「なんだそんなことか」

と思う人もいるかもしれません。

 

 

しかし、

これらを適切に、
そして、高いクオリティで
発動している人は

僕の周りを見る限り1%しかいません。

 

残りの99%の人は、

このスキルのクオリティが低かったり、
この概念自体がごっそり抜け落ちているために

自分の望む人間関係を
構築できずに悔しい思いをしているのです。

 

実際に、人間関係で悩んでいる頃の僕は
このスキルが欠けていました。

 

髪型とか服装にはある程度、
気を使ってはいたものの、

自己流であるがゆえに、
それは決して適切と言えるものでは
ありませんでした。

 

ボディランゲージに関しては絶望的でした。

 

ボディランゲージという概念を
知らなかったがために、

これまで

“大損こいてきた”

ということが今なら良くわかります。

 

どんなに髪型や服装を
整えてえていたとしても、

このボディランゲージが
適切にできていないと
相手に話すら聞いてもらえません。

 

 

髪型、服装、ボディランゲージ

 

 

これらを磨いていく事で
第一印象で相手に好印象を
与えることができます。

しかし、人間関係において
第一印象を軽視していると
本当に痛い目にあいます。

 

・・・

 

学生時代のことです。

 

僕は「これからはグローバル社会だ!」
と思って、英語の勉強に
チカラを入れていたんですね。

 

だけど、なぜか授業の内容が
全然入ってこなかったんです。

 

こんなこと言うと、

「やる気がないだけだろ?」

と思われるかもしれませんが、
それは僕だけではありませんでした。

寝ている友人も何人もいたし、
後で聞いたらみんな僕と同意見だったのですが…

 

 

その先生の“第一印象”に
問題があったのです。

 

とても“いい発音”の
持ち主ではあるんだけど、

 

頭のてっぺんが薄い先生が
英語を教えていたんですね。

 

それだけならまだ良かったのですが、

 

その先生の着たジャージは
チョークのカスでいつも汚れていました。

 

さらに、

 

黒板の文字を消すたび、
頭頂部に雪のように積もっていく

チョークのカス・・・

 

気になりすぎて授業の内容が
何ひとつ入ってきません。

 

 

僕と同じような経験をした人も
いるのではないでしょうか。

 

最初に断っておきますが、

“頭が薄い”

ということが悪い。

ということではありませんからね。

 

もちろんハゲを馬鹿にしている
わけでもありません。

 

ハゲ散らかしているのが
悪いのです。

 

たとえ頭が薄かったとしても
“第一印象”は強化することができます。

 

俳優の渡辺謙さんなど
頭が薄くてもカッコいい人は
世の中にたくさんいます。

 

僕の職場にも、28歳にして、
ハゲてしまった先輩がいたのですが、

この先輩は“第一印象の重要性”を
感覚的に理解していて、

そんな彼は

魅力的でめちゃめちゃ女性に
モテているのです。

もちろん仕事でも活躍していたし、
今では独立もしています。

このように、

 

 

第一印象を徹底して磨くことで、
会う人全てを魅了することができるのです。

 

 

また、僕は、

師匠が開催するセミナーに
良く参加しているのですが、

 

師匠の“第一印象”のインパクトはハイクラスで、

爽やかな髪形
清潔感があり、スマートなファッション
強いアイコンタクト、
相手を包み込むような表情
落ち着いたゆっくりとした動作
太く通る声…

 

魅力的な男の要素というものを
挙げ出せばキリがないのですが、

強い第一印象がかけ合わさって、
圧倒的なオーラとなり、
誰もが一瞬で魅了されてしまいます。

 

セミナー参加者さんは
彼の話をみんな真剣に聞いているし、

そんな師匠の話は
めちゃくちゃわかりやすい上に
モチベーションも上がります。

 

いいでしょうか?

 

これが第一印象のチカラなのです。

 

 

僕は、髪型、服装、ボディランゲージの
重要性を理解して、

まずは、髪型、服装の“見た目”を
法則にそってちゃんと整えました。

 

弱々しく見えていた
ボディランゲージに関しても、

何度もなんども意識的に訓練しました。

 

その結果、少しずつではありますが、

 

女性の反応が良くなってきて、
さらに女性からモテるようになって
彼女もできたんですね。

 

第一印象を強化し続けていくことで
女性に困ることはなくなりました。

 

それからほどなくして、
職場での人間関係も悩むことはなくなり、

 

上司から信頼を獲得できたし、
同僚や後輩からは慕われるようになり
昇進や昇給も果たすことができました。

 

第一印象を強化することで、
このような現実を手に入れることも
可能になるのです。

 

 

 

 

今回は、

第一印象の重要性についてお話ししました。

 

髪型、服装、ボディランゲージ

 

を高いクオリティで発動させることで、
人間関係で悩むことは無くなります。

 

今回の話をまとめると…

・“清潔感”を100%整えた上で第一印象を強化していく。
・第一印象とは、髪型、服装、ボディランゲージで、
これらのクオリティを高めていくことが何より重要。

 

これだけは絶対に押さえておいてくださいね。

 

そして、次回からは

第一印象で好印象を与えるための、

髪型、服装、ボディランゲージ、

についてもっと詳しく具体的に掘り下げて
お話ししていきたいと思います。

 

この話を聞くだけで、
センスのいい人は

第一印象を大きく改善して
人間関係の悩みがなくなってしまう
かもしれません。

 

楽しみに待っていてくださいね。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

Men’s Attraction マツイダイキ

 

 

[追伸 1]

感想や質問、メッセージもお待ちしてます。

質問に関してはできるだけ
1通1通お答えするようにしています。

いろいろな意見を聞きたいので、
今は1通1通お返事するようにしています。

 

ただ、対価を支払って契約してくれている
クライアントさんもいる手前、

コンサルティングというレベルにまで
突っ込んだお返事をすることはできませんが、

お返しできる範囲でなら、
返信させていただきます。

 

また、

「これは他の読者さんにも役に立つな」

と思ったものはLINE@にて
積極的にシェアさせていただこうと思いますし、

僕自身の成長、進化のきっかけになるので大歓迎です。

 

[追伸 2]

 

今、あなたにメッセージを届けている
僕の“実力”や“実績”に関しては、

こちらを見て頂くことでご理解いただけるかと思います。

マツイダイキのプロフィール:
https://first-1mpression.com/fim-perfile/

少し長めですが、

あなたの今後につながる話もしていて
最後まで読むとそれだけで

“意識改革”が起こり行動したくなってしまう

そんな、ちょっと不思議な構成の文章になっています。

ぜひご覧ください。

 

 

 

【バックナンバー】