First Impression Secret

Today's topic 人間関係を良くしたいなら〇〇を乗り越えろ。

【First Impression Method】
-第一印象で絶対に負けない自分を創る技術-

>>>電子書籍のダウンロードはこちらから<<<

どうも、マツイダイキです

>>最初の“一歩”が踏み出せない貴方へ。
>>“鬼のような行動力”を手に入れるためには。
>>ファッションと聞いて・・・

こんなトピックでお送りします。ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

最初にちょっとおさらいです。

前回、

第一印象をガラッと変えるためには髪型を変えるのが一番効果的。

という事を書いたのですが、実際に僕は“髪型”を変えただけで見える世界が180度、変わりました。そして、この講座を受講してくれた多くの方にも「人間関係が変わった」といった感想をたくさんいただきました。

 

“髪型だけでバチッと変わった”

のです。

 

髪型を変えただけで、周りからちやほやされる

というのは言い過ぎかもしれませんが、それに迫る勢いで周りの人達からは好意的な印象を持ってもらうことができたのです。

 

・・・・・・

 

…とは言え、所詮、髪型です。

こうやって、たかが髪型の話だけで、前回、記事1ページを使って長々とお伝えしてきたのですが、

 

たかが髪型、されど髪型

 

ということを僕は声を大にして言いたいのです。

 

だけど、あなたは別にこうやって延々と髪型云々の話を聞きたいわけじゃないと思うのです。

だから、ここからの話がよりスーッとあなたの中に入っていくためにも、ここだけは時間をかけて説明したかったんですね。

それに、髪型を整えることが大事ってみんなわかっていると思うんです。

アタマではわかっているんだけど、

 

どうしてもその一歩が踏み出せない…

 

わっかっちゃいるけど行動に移すのがおっくう…

こんな感情がわいてきたり

今日は雨だからやめておこう…

とか天気のせいにしたり、

せっかくの休みなんだから家でゴロゴロしてたい…

と急に出不精が顔を出したり、

 

「変わりたい気持ちはある」

でも、毎日、仕事で疲れてるし、行動するのがめんどくさい・・・

こーゆー人は結構いると思います。

 

・・・その気持ちすごく良くわかります(苦笑)

僕もそうだったから痛いほど気持ちがわかるんです。

むしろ、今ですら、ちょっと気を抜くと、こういった感情が顔を出すことがあります。

 

もちろん職場の人間関係で悩んでいる時もそうでした。

「上司との関係をなんとかしたい」
「そのために何かやらないと…」
「何かやらなければ、何もはじまらない!」

こんな感じで、

アタマでは“しっかり”わかっているんだけど、
毎日の仕事に忙殺されていたり、
気を紛らわすために違うことに目がいってしまったり
他にも、周りの目を気にしすぎて、ビビって行動できなかったり。
自分に言い訳して、何も行動しない自分がいる・・・。

行動できないからこれまでと同じ毎日が待っている…

 

「あーっ!もうっ!!」

 

自分の中でぐるぐる回ったあげく、何も手につかないまま1日が終わる…

気づいたら1ヶ月が過ぎ、
そして、半年が過ぎ
あっという間に一年が過ぎて…

「このまま俺は、つまらない人生を歩むんだな・・・」

こんな“モヤモヤ”を長い間、引きずりながら一人くすぶっていました・・・

 

でも、これって、正常な人間の機能なんですね。

 

実は、人間という生き物は新しいチャレンジを始めようとすると防衛本能が働き、脳が「やるな」という命令をするんです。

 

「そんなバカな…」

と思うかもしれませんが、

これは、

原始時代に僕らのDNAに深く刻まれている正常な機能なのです。

 

大昔は

チャレンジ=リスク

でした。

 

ちょっと、想像してほしいのですが、もし、太古の昔に

「成功するためには、チャレンジしないとダメだ!」

と言って、一人でガンガン行動したらどうなるでしょうか?

 

森に迷い込んでたちまち、猛獣に食われるか、
帰れなくなって野垂れ死ぬか、
他の部族に捕らえられるか…

闇雲に行動したが最後。いずれにせよ

 

ジ・エンドです。

 

そうならないために、少しでも生き延びられるように本能は

「チャレンジをするな!リスクをとるな!」

という命令を下すんですね。

 

このように、

本能はとにかく“変化”を嫌がります。
とにかく現状のままでいようとするんです。

これを、

 

“ホメオスタシス”

 

などと心理学の世界では言ったりするのですが、このホメオスタシスの機能は現代の今でも根強く残っています。

だから、これまでやったこともないような新しいことにチャレンジしようとする時に、それが、たとえ自分にとって“プラスになること”だとわかっていたとしても行動ができないのは仕方がないことなのです。

しかし、人間が急激に進化した現代において、“ホメオスタシス”はあまり意味を持たなくなっています。

 

…というか、ホメオスタシスって長いですね…
長いからこれから“ホメさん”って呼ぶことにしますが、

 

平和な時代において、このホメさんは、僕ら現代人の成功を邪魔する大きな要因の一つになっているんですね。

ここ数千年くらいで、急速に文明や技術が発達しましたが、人間自身の進化が文明や技術の進化についていけてないんです。

今の時代、日本のような先進国において、新たな挑戦をして、命を失う可能性はほとんどありません。それに“髪型を変えただけ”で命を失う可能性はほぼゼロに等しいですよね。

それでも、ホメさんはこう言うわけです。

「髪形を変えたら命を失うかもしれない」
「急に見た目なんか変えたら誰かに刺し殺されるかもしれない」

 

「だから、やめておけ」

 

と…

 

「大げさでバカげた話だ」

と思いますか?

こう思うかもしれませんが、これは、あくまで“無意識の領域”での話です。

 

だから、髪を切りに行こうとした時に

「う~ん…面倒くさいなぁ」と思ったり
「やっぱり今日はやめておこう」とか
「あっ!そういえば、先にこれをやらなきゃ」

みたいな

“やらない言い訳”

をホメさんはすぐに見つけてきます。

 

こんな感じで、ホメさんはあなたの身を守るために新たなチャレンジを恐れるようにできているのです。

このように、大昔に我々の祖先が記憶した防衛本能というものは、今でもしっかり根付いています。

だから、新たなチャレンンジはものすごいエネルギーがいるし、時には大きな恐怖を感じるんですね。

これは言わば、

意識(アタマ)ではアクセルをベタ踏みしている。

と同時に、

無意識(ホメさん)でブレーキを全力で踏んでいる状態なのです。

 

でも、僕はこのホメさんのことを理解した瞬間、“鬼のような行動力”を手に入れてしまったのです

 

人間関係で悩んでいる時、「とにかくなんとかしたい」とアタマ(意識)では強く思っていましたが、周りを見ると、パワハラ上司やイケイケの先輩だらけ…

完全に袋のネズミ状態でホメさん(無意識)からは

「ダメだ!危険だから絶対にやめておけ!」

とストップがかかっていて長い間、動けずにいたのですが、ホメさんの働きを正しく理解し、少しずつではありますが、ブレーキを外し、前進し続けました。

 

まず初めにやったことと言えば、

とにかく“見た目”を変えるということにフォーカスして
髪型、服装を変えて
ボディランゲージを身につけました。

 

その結果、

  • 職場での上司や先輩との関係はとても良くなり、
  • それ以上のものもたくさん手に入れることができたし、
  • さらに新たな目標にもチャレンジできるようになって、
  • それらをどんどん達成することができたのです。

 

そして、あなたにもこのことを理解した上で、絶対に最初の一歩を踏み出して欲しいのです。
でないと、現実は何も変わらないから。

 

…とは言え、僕はあなたの親ではありません。

「顔洗いなさい」
「部屋を綺麗にしなさい」
「ちゃんと歯を磨きなさい」

なんて口うるさく言う事はできないし、僕自身そんな関係は望んでいません。

お互い自立した男ですし、僕ができることと言えば「重要ですよ」と伝えることだけです。

 

そして、

最終的に行動するのは“あなた自身”です。

 

くすぶったまま行動しないで、これまでの延長線上の人生を歩むのもあなただし、

どんどん行動して人間関係での成功を手に入れるのもあなたです。

 

でも、僕はあなたに、これまで叶わなかった、

“人間関係においての成幸”

を手に入れてもらいたいし、
…ひいてはその先の

“あなたの望む野望”

をすべて手に入れてほしいのです。

 

だから、その第一歩となる人間関係を良くするための

“第一印象のヒミツ”

をこれからも、このLINEを通して全力で届けていくつもりです。

 

ですので、ホメさんなんか振り払ってどんどん行動して、

“男としての成幸”を手に入れてください

 

 

・・・で、前回の講義で髪型の重要性については理解してもらったと思います。

髪型の次は服装です。

服装…つまり“ファッション”ですね。

 

…ファッションと聞いてあなたはどう思いますか?

 

「服なんて全然興味ないよ。」
「服なんて楽に着られればなんでもいいじゃん。」
「服は全部ユニクロでそろえてます。」

 

こういう人がいたら、次回からする話の、し甲斐がありすぎだし、恐らくですが世の中の90%の男性はこんな風に思っているのではないのでしょうか?

これは、ルミネやパルコ、百貨店といった商業施設にショッピングに行けば分かると思うのですが、

 

ビルの10フロア中メンズファッションの売り場は1フロアのみ。

多くて2フロア。

だいたいこれくらいの割合です。

 

「メンズマルイは全フロア、メンズファッションですよ」

という意見もありますが、確かにそうですね(苦笑)

ですが、ビル単位で考えた時、“メンズファッションだけ”を扱っているビルは世の中にどれくらいあるでしょうか?

おそらく10%もいかないのではないでしょうか?

 

この事実から分かるように、あれだけたくさんのアパレルショップが立ち並ぶ中でメンズファッションが占める割合は

実に10%以下なんです。

残りのフロアのそのほとんどはレディースファッションが占めているし、さらに、最近では、1フロア全てをユニクロが占領している。

といった商業施設も増えてきています。

それどころか“ユニクロだけのビル”もたくさんできています。

この事実が物語っているように、

メンズファッションにはあまり需要がないのです。

 

つまり、誤解を恐れずにいうならば、

男は自分の着る服に興味がないんです。

 

ビジネスにおいて、需要がなければ当然、供給も無くなります。そして、それはファンション業界においても同じことが言えます。

逆に、レディーファッションやユニクロは需要があるから、お店もたくさんあるのです。

 

こういう現実を見ても、

いかにメンズファッションに興味がない人が多いか、が伺えます。

 

というか世の中の90%以上の男達は
メンズファッションに興味がありません。

 

でも、これって大問題だと思うんですよね。

だって、自分を一番表現できる服装をなんらかの理由で放棄してしまっているわけですから…

しかし、興味がない人が多い分、服装という部分にテコを入れることで、髪型同様、第一印象というものをかなり強化することができるのです。

他の人がやらないことに手を入れることで、その他大勢から簡単に抜け出すことができてしまうのです。

 

髪型と服装

この二つを変えるだけで決して大げさではなく別人に生まれ変わることが可能です。

それだけで印象を大きく変えることができるんですね。

では、どのように、服装を変えていけばいいのか?

 

次回は、

オシャレに見せる服装のヒミツ

について深く書いていきます。

次回も楽しみに待っていてくださいね。
今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Men’s Attraction マツイダイキ

 

 

[追伸 1]

いつも前向きな結果を報告してくれたり、気づきのある質問や、現状の悩みなど、多くのメッセージをいただき本当にありがとうございます。

これからも、あなたの人間関係がこれまで以上に良くなるような情報をどんどん配信していこうと思っています。

ですので、引き続き、感想や質問などLINEに直接返信するかたちで大丈夫ですのでメッセージをお待ちしてます。

また、質問に関してはできるだけ1通1通お答えするようにしています。
もちろん、ちょっとした気づきや発見でも構いません、

ただ、対価を支払って契約してくれているクライアントさんもいる手前コンサルティングというレベルにまで突っ込んだお返事をすることができないかもしれませんが、お返しできる範囲でなら、返信させていただきます。

また、「これは他の読者さんにも役に立つな」と思ったものはLINEにて積極的にシェアさせて頂いていてますし、僕自身の成長、進化のきっかけになるので大歓迎です。

 

[追伸 2]

今あなたにメッセージを届けている僕の“実力”や“実績”に関しては、こちらを見て頂くことでご理解いただけるかと思います。

Rのプロフィール:
https://first-1mpression.com/fim-perfile/

実力とか実績とかって書くと、堅苦しく感じて身構えてしまう人もいるようですが、僕の恥ずかしい過去や失敗体験などの誰にも明かしたくなかった暗黒時代から、現在に至るまで、そして、その少し先の未来について書いてあるものです。

時間はとらせてしまいますが、ストーリー調になっていて、「スラスラ読めてしまう」と好評です。

あなたの今後につながる話もしていて最後まで読むとそれだけで“意識改革”が起こり行動したくなってしまうような、ちょっと不思議な構成の文章になっていますのでぜひご覧ください。

【バックナンバー】