First Impression Secret

Today's topic 【センス不要】 これが女性ウケするファッションの“答え”です

【First Impression Method】
-第一印象で絶対に負けない自分を創る技術-

>>>電子書籍のダウンロードはこちらから<<<

どうも、マツイダイキです。今日は、

>>メンズファッションのセオリー
>>女性ウケするファッションの答え
>>押さえておきたい服装選びの3つの要素

こんなトピックでお送りします。ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

「ファッション」

と聞いて苦手意識を持っている男性は数多くいます。

 

でも、安心してください。
そんなあなたでも、もちろん大丈夫です。

 

もしかしたら勘違いしている人がいるかもしれないので、最初に、はっきり言っておきたいのですが、メンズファッションは、

個性的なファッションをすれば良い

とか

尖ったファッションをしなければいけない

ということではありません。

 

「オシャレしてきました!」

みたいにキメすぎた格好は

“女性ウケ”しないどころか、
同性にも受け入れられません。

 

他にも、

”全身ブランド物に身を包んだギラギラした服装”

をしている人をたまに見かけるのですが、
これも、好まれない格好です。

ファッションはお金をかければいい。
というわけでは無い。

ということです。

 

また、

「こんな服を買えば間違いない」

みたいな事を細かく言い始めるとキリがないし、あまり意味がないので、ここではしませんが、

誰にでも出来る“最低限”のポイントというものはあります。

そして、メンズファッションはここさえ押さえておけば問題ないのです。

 

“最低限”と控えめに言ってはいますが、

“これ”をやらない人で、
人間関係がうまくいっている人
僕は見たことがありません。

 

このポイントさえ理解できれば、

コストをかけずに最短で、
パッと見、“女性ウケ”するオシャレさんになれるし

もちろん、

男性からも好印象を得ることができ、
その後の人間関係も上手く回るのです。

 

しかし、世の中の90%の男性はこの“ポイント”を知らずに、いつも適当に服を買って、いつも同じような無難な格好をしています。

その結果、第一印象で好印象を得られず、良い人間関係を構築することができないまま悔しい想いをしているのです。

 

もちろん、

服装においても“女性ウケ”を狙うのですが、

やはり、女性は、見た目に関しては一番シビアな生き物です。

 

その女性から、合格点がもらえれば、
上司からも、先輩からも部下からも
確実に好印象をもらうことができます。

実際に、僕自身、これまで“女性ウケする服装”をして、他の人からマイナス評価をもらったことはこれまで一度もありません。

かと言って、何か特別なことをしたわけではありません。

これからお話しする“最低限”のポイントを押さえて
“女性ウケ”する服装に身を包んだだけです。

 

「もったいぶらずに“女性ウケ”するファッションを
今すぐ教えてください!」

こういう声が聞こえてきそうですね。

もちろん、分かるように説明していくのでこのまま読み進めて欲しいのですが、以前、仲の良い女友達や彼女と一緒に買い物に行った時のことです。

 

男のファッションについて

「どういう服が好きなの?」

と聞いたことがあります。

すると、

「えー、わかんないけど…、その人に合った服装なら何でもいいかな…

と…さらに、

「ダイキさんの着ている服、好きだよ…」

少し顔を赤くしながら、こんな答えが返ってきました。

 

正直、嬉しい答えではあったのですが、ファッションにかなり敏感な女性で、もっと具体的な答えが返ってくると期待していたので、これには正直、拍子抜けしてしまいました。

 

女性はメンズファッションにそこまで詳しくないようです。
詳しくはないけど、

女性が好きなメンズファッションの“理想の形”

というものは存在します。

 

たとえば・・・

「夏はシンプルにTシャツとデニムとスニーカーでパリッと爽やかに着こなしている人がステキ」

 

これはいろんなところで言われていたり、聞いたりするので、もしかしたら、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

そして、

「よっしゃー!夏はTシャツとデニムとスニーカーで決まりだぜー!」

と、これをそのまま真に受けてやろうとしても多くの人は上手くいきません。

 

たしかに、女性ウケするファッションの“方向性”として

“シンプルでスマートなキレイ目のファッション”

を僕らは目指していくべきなのですが、

それは、

人によって合う、合わないがあってその人の雰囲気に合っていなかったら意味がありません。

 

メンズファッションの重要なポイントは

“トータルバランス”

であり、このトータルバランスというものが

メンズファッションの肝になります。

 

イメージしやすいようにいくつか例をあげますね。

これは別に、ユニクロが悪いという訳ではありませんが、全身ユニクロで適当に揃えていて、これといって悪い感じではないし、かなり無難な格好をしている…

…だけど、

靴だけドヤ顔でルブタンを履いている…

 

また、これもよく見かけるのですが、

服装はオシャレでもなんでもなく“普通”…

でも、

ネックレスだけは自慢気にグッチのプレートを身につけている…

 

他にも、

これは成金とかに多いのですが、

ダボダボのパーカーに、サイズ感の合ってないデニムを履いていて、靴はニューバランスのスニーカー。

…なのに手首につけたロレックスが強調されすぎて
それだけ浮いている…

 

ドヤ顔で身につけているアイテムをかつて奮発して買ったのかもしれないけど、こういうアンバランスなことをやっている人は多いですし、

女性はこーゆー格好が大っ嫌いです。

 

このように、

トータルバランスが悪ければ、全てが台無しになってしまうのです。

 

それではメンズファッションにおいて、

トータルバランスとは一体、何なのか?

何に気をつければいいのか?

ここからさらに深く入っていきます。

このトータルバランスですが、実は、三つの要素で構成されていて、

それは、

  1. 清潔感
  2. サイズ感
  3. こなれ感と抜け感

これです。

では、順番に説明していきますね。

 

1つ目のポイントは“清潔感”です。

ここで、今一度、キモに銘じて欲しいのですが、

“第一印象=清潔感”

この公式は覚えているでしょうか?

無料レポートで清潔感の大事さは、もう十分理解していると思います。もし、忘れてしまった人は無料レポートを読み返して欲しいのですが、

髪型が爽やかになってイケてたとしても、
どれだけ女性ウケするファッションに身を包んだとしても、

“清潔感”が欠けていたとしたら、目も当てられません。

し、女性ウケを狙って白いTシャツにデニムとスニーカーでシンプルで爽やかな服装をしていたとしても、

その白いTシャツに食べ物のシミがついていたら…

清潔感は台無しです。

 

また、これは先日、電車に乗っている時、男性が目の前に立ったのですが、

せっかく、オシャレなジャケットでキメていて、パンツも雰囲気に合っているしインナーのTシャツもシンプルで悪くはない…

だけど、

Tシャツの襟元がだらしなく伸びている。

 

他にも、これもよく見かけて残念だな…と思うのですが、

スマートなファッションに身を包んでいるのに

ズボンの裾がボロボロ…

 

これではせっかくのオシャレが台無しです。

おそらく、こういう人たちは、服装に少なからず気をつかっているのでしょう。

僕もやってしまうことがあるので気をつけているのですが、

いろんな店を回ってようやく見つけた自分に合った、“お気に入りの服”というものは愛着がわいてしまい、なかなか手放せずに長く着てしまうことがあります。

そうすると、

首元はヨレヨレ
Tシャツにはシミがつき、
ワイシャツにシワがよってしまい、
ズボンの裾がボロボロになってきたり、
靴底が擦り減ったりします。

服の劣化は徐々に進んでいくので気づきにくい部分ではあるのですが、

日々セルフチェックして気をつけてくださいね。

 

また、同じような理由で、20代に着ていた服をそのまま30過ぎても着ていて、

“服装だけがやけに若すぎる人”

もいるのですが、

“時代遅れのイタい奴”

になってしまうので気をつけてくださいね。

 

次に、

2つ目のポイントは“サイズ感”です。

先週の日曜日、繁華街で待ち合わせをしていた時のことでした。たくさん人がいたのですが、周りを見渡すと、

サイズ感の合っていない服

を着ている男性もたくさんいました。

 

これはどういうことかというと、

トップスは悪くないんだけど、

ダボダボのジーパンをはいている人や、

最近、オーバーサイズに着るのが流行っていたりしますが、オーバーサイズを履き違えて、

“オーバー過ぎるサイズのTシャツ”

を着ている人を見ました。

 

これは、「楽だから」という理由だったり、身長の低い人はそれをごまかそうとするためにワンサイズ“大きめの服”を着たりしています。

オーバーサイズを上手に着こなしているオシャレ上級者なら良いのですが、

オシャレ初心者がそれをやると“着せられ感”が出てトータルバランスが悪くなり、かなりダサくなるので気をつけなければいけません。

トータルバランスというところで考えると、服選びのポイントは

“ジャストサイズ”

が一番自分に合っていて、“女性ウケ”もするわけです。

 

しかし、多くの男性は

自分のサイズを正確に知らなかったり、
試着するのが面倒くさくて
適当に買っていたりするのです。

そして、以前の僕はこれをやっていました。

ファッションには少なからず興味があったので、休みになると、原宿や裏原と言われるところのセレクトショップで買い物をしていたのですが、

試着するのが面倒で、自分の身体に合わせて

「まっ、これでいいかな…」

みたいなノリで買っていた時期がありました。

帰ってから実際に着てみて、サイズが微妙に合っていなかったり、

店で見た時

と、

実際に着て鏡で見た時

の印象が全然違うんですよね…

 

自分のイメージにバチッと合えば問題ないのですが、そんなことはほとんどありませんでした。

せっかく原宿まで電車に乗って一時間以上かけて買い物に行ったのに、

一回も着ないでタンスの肥やしになる…

なんてことも度々ありました。

ほんとお金と時間のムダですよね。
おまけにタンスの中身はいっぱい…

無駄はあってもイイことは何もないです。

なので、今は絶対に試着して、鏡で見て、買うようにしてます。

 

服を買う時のポイントは

自分の身体に合っていること。

と同時に、

雰囲気に合っていること。

ここを意識して買ってください。

 

ここまでの話で、

清潔感とサイズ感

について書いてきましたが、この二つをちゃんと押さえるだけで、もうあなたは、オシャレ初心者からは一歩も二歩も抜きんでています。

しかし、これだけでは、まだ足りません。

 

3つ目のポイントである

“抜け感”と“こなれ感”

を演出することができて
初めて、ファッションで“女性ウケ”

することができるのです。

 

三つ目のポイントである “抜け感”と“こなれ感”

この二つの言葉はよく耳にするかもしれませんが、ちゃんと理解している人は少ないと思います。

ですが、ここをしっかり理解して自分のファッションに取り入れていくことで、かなりのオシャレ上級者になることができます。

 

まず

“抜け感”

から見ていきましょう。

ここまでの話を聞いて、キレイ目でオシャレな服を揃えて、かっちりした服に身を包んだのはいいのですが、

なんかカタ過ぎる感じ…

それを打破するのがこの“抜け感”です

抜け感とは、
“少し力の抜けたリラックスした状態”

を言うのですが、これではまだ分からないと思います。

 

でも、なんてことはありません。
服装において、簡単に“抜け感”を演出する方法があって、

それは、

肌の露出を少しだけ増やすこと。

これです。

 

具体的にいうと、

  • ジャケットやシャツの袖を少しめくったり
  • ワイシャツの襟元を程よく開けたり
  • パンツの裾をロールアップしたり、
  • ショートソックスをはいて足首周りを見せたり…

このように、肌の露出する場所を少しだけ増やすことで、“なんかカタ過ぎる…”ということを抜け出すことができるのです。

 

他にも、

  • 一つだけ、さりげなくアクセサリーを身つけたり
  • ワンポイントで派手な色のバックを持ったり、
  • 落ち着いたトーンの服装にあえて柄物のスニーカーをはいてみたり

こうすることで簡単に“抜け感”を演出できるのです。

 

ただ、この“抜け感”ですが、

やり過ぎ注意なのは言うまでもありません。

メンズファッションはトータルバランスと言いました。

やり過ぎると、途端に“うるさい服装”になってしまうので、鏡を見ながら調節してください。

そして、そうならないための重要な視点になってくるのが、

次に説明していく

“こなれ感”

です。

 

これだけ聞いても意味がわからないのですが、
簡単に言うと、

“オシャレしている感を出さないこと”

これです。冒頭で、

“個性的なファッション”

尖がったファッション”

は受け入れがたいと言いましたが、

いかにも、「自分オシャレして来ました」
みたいな服装もNGです

こういうオシャレにキメすぎている男性を見て

女性は

「自分とは釣り合わない」

と勝手に判断して引いてしまったりするのです。

 

そうは言っても、“こなれ感”を演出するのは難しいですよね。

「じゃぁ、どうすればいいんですか?」

という話になって来ますが、

ここでも“トータルバランス”が大事になってきます。

 

また、これまでの話のまとめにもなりますが、

“シンプルでスマートなキレイ目ファッション”

が一番“こなれ感”を演出できるし、
これまで話してきた、

清潔感とサイズ感

をしっかり押さえることで“こなれ感”を演出することができます。

また、簡単に“こなれ感”を演出するための一番簡単なテクニックとして、

キレイ目な服とカジュアルな服を組み合わせることで、“こなれ感”を出すことができます。

 

これは、一例ではありますが、

セットアップのジャケットをカーディガンに変えてみる。

とか

チノパンをスウェット生地のものにしてみる

とか、

インナーのワイシャツをTシャツにしてみる

など、これで簡単に“こなれ感”を演出することができます。

 

“こなれ感”で一番重要なことは

さらりと無理なく着こなしていること

これに尽きます。

 

ここは、経験もある程度必要になってくるので色々な服を着て試してくださいね。

 

ここまでの話をまとめると

清潔感
サイズ感
抜け感とこなれ感

メンズファッションは
この3つのトータルバランスで決まります。

ですので、この3つのポイントだけは絶対に押さえておいてくださいね。

それでは、早速、街に出かけて服を買いに行きましょう…

 

・・・

 

…とは言うものの、これだけではまだ、どんな服を買っていいのかわからないと思います。

できれば、自分にあった服装を探し歩いて欲しいのですが、あなたも忙しいと思います。

なかなか、そんな時間も取れないでしょう。

しかし、

「あなたに似合う服はこれとこれです。」

と、この場で言うのも難しいし、それでは、いつまでたっても何を着ていいのかわからなくなってしまいます。

 

ですので、次回は、

簡単にスグできる自分にあった服の選び方

を紹介したいと思います。

 

実際に、

僕は、この方法を知ってからというもの、
女性からの反応が目に見えるように変わったし、
もちろん、職場での反応もかなり良くなりました。

かと言って、何かすごく大変なことをしたわけではないし、原宿の店を全部回る必要もありません。

誰にでもスグにできる方法です。
ファッションに興味のない人でも簡単にできてしまいます。

ですので、次回のLINE講座も是非楽しみにしててくださいね。

長くなりましたが、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Men’s Attraction R

 

 

[追伸 1]

感想や質問、メッセージもお待ちしてます。
質問に関してはできるだけ1通1通お答えするようにしています。
いろいろな意見を聞きたいので、今は1通1通お返事するようにしています。

ただ、対価を支払って契約してくれているクライアントさんもいる手前コンサルティングというレベルにまで突っ込んだお返事をすることはできませんが、お返しできる範囲でなら、返信させていただきます。

また、「これは他の読者さんにも役に立つな」と思ったものはLINEにて積極的にシェアさせていただこうと思いますし、僕自身の成長、進化のきっかけになるので大歓迎です。

マツイダイキのプロフィールはこちら:
https://first-1mpression.com/fim-perfile/

 

【バックナンバー】